その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

少額短期保険会社の扱う保険について

少額短期保険とは?

少額短期保険会社とは少額短期保険を取り扱う保険業者の事を言います。少額短期保険とは、保険業のうち、一定の事業規模の範囲において、保険金額が少額(疾病による死亡・重度障害300万円以下、疾病による入院給付金等80万円以下、損害保険1,000万円以下など)であり、保険期間が1年乃至は2年以内の保険です。2005年5月における保険業法の改正により制度が導入され、2006年4月から施行されました。

少額短期保険制度が導入された背景

少額短期保険の制度が出来る前は、根拠法が存在しないまま作られた、いわゆる「無認可共済」が多く作られ、この無認可共済の中で破綻する組合が相次ぎ、オレンジ共済事件のように、契約者が大きな被害を受けるケースも有りました。このため、保険契約者等の保護を目的として、保険業法を改正し、少額短期保険業制度が導入されました。制度の導入に伴い、無認可共済は少額短期保険業者に移行するか、保険会社の免許を得るか、もしくは新規募集を中止するかの選択を取らなければならないこととなりました。

少額短期保険業者になるためには

少額短期保険業者になるためには、最低資本金1000万円を用意するなどし、監督官庁に登録をすればよく、保険会社よりも比較的簡単に開業することができます。そのため、小規模で行なっている少額短期保険業者もいます。一方、イオン少額短期保険や東京海上ミレア少額短期保険のように大手企業が参入している例もあります。

取り扱っている保険商品

保障内容は、ペット保険、地震費用保険、賃貸入居者用家財保険、生命保険、医療保険、傷害保険、弔慰金、見舞金など、様々ありますが、少額短期保険業者では、保険会社とは異なり、総合的に扱うよりも一部の保険商品に限って販売しているケースのほうが多いです。中には、不使用チケット費用補償保険「チケットガード」、結婚式・葬儀の際の参列者を被保険者とする傷害保険「参列者傷害保険」というようなユニークな保険商品もあります。

少額短期保険の現状(2012年10月時点)

2012年10月時点で、活動をしている少額短期保険会社は70社あり、460万人もの契約者がいます。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ