その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

セゾン自動車火災を調べました

セゾン自動車火災保険の成り立ち

セゾン自動車火災保険は、1982年の9月にオールステート自動車・火災保険として設立されました。1997年11月にクレディセゾンとその関連会社が出資し、翌1998年4月にセゾン自動車火災保険と社名を変更しました。その後、2009年7月に損害保険ジャパンが過半数の株式を取得し、損害保険ジャパンの連結子会社になっています。本社は東京都豊島区にあります。

ソルベンシー・マージン比率について

ソルベンシー・マージン比率は2012年で713.2%です。販売チャネルはインターネット通販と営業社員による地域密着営業です。

取り扱っている保険商品

セゾン自動車火災保険で販売されている自動車保険は、インターネット通販と営業社員とで商品が異なります。特にインターネット通販で販売されている「おとなの自動車保険」は40代、50代の事故率が低いことに注目をし、40代、50代の保険料を抑えた仕組みになっています。1歳刻みの保険料体系を取ったという点が自動車保険においては画期的なことだと言えます。また、対人賠償保険と対物賠償保険をベースに自分に必要な保険をセットしていくことができます。自分の必要だと考える補償だけを付けることができるので、コストパフォーマンスも高い自動車保険と言えます。最近では、香川照之を起用して積極的にPRしているため、認知度もかなり高まってきています。但し、ロードアシスタンスが自動付与されていないため、JAFに加入していない場合には、この点を注意しましょう。逆を言えば、JAF等の他のロードアシスタンスサービスに加入していれば、はずすことで保険料を抑えることができます。

自分が必要な補償だけを組み合わせていくという考え方は「じぶんでえらべる火災保険」にも応用されています。他社ではパッケージになっているケースが多いですが、1つ1つの補償を組み合わせていくことができるので、他社見積りと比較した場合、割安性を実感出来ます。インターネットでの商品説明もわかりやすく、また、加入動向などの情報提供もしているため、初めてインターネットで保険契約をしようとしている人にもわかりやすいサイト作りとなっています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ