その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

日立キャピタル損保を調べました

日立キャピタル損害保険の成り立ち

日立キャピタル損害保険は1994年6月にアメリカのユナムコーポレーションが設立したユナム・ジャパン損害保険会社が前身となっています。2004年1月に発行済み株式の100%を日立キャピタルが取得し、日立キャピタルグループの一員となりました。同2004年4月には日立キャピタルが損害保険ジャパンに対して保有株式の一部を譲渡しており、今では、日立キャピタルと損害保険ジャパンが株主となっています。本社は東京都千代田区にあります。

ソルベンシー・マージン比率について

平成23年度末におけるソルベンシー・マージン比率は1,822.6%となっています。他社に比べて圧倒的に高い数字ですが、資産規模が小さいため、ソルベンシー・マージン比率が大きくなりやすいことには注意が必要です。日立キャピタル損害保険の正味収入保険料は3,935百万円(平成23年度末)です。損害保険業界1位のMS&ADインシュアランスグループの正味収入保険料は2兆5,000億円を超えていますので、いかに小さな損害保険会社かということがわかります。従業員も100名程度です。代理店を通じて、保険商品の販売をしていますが、大々的に広告をしているわけではないので、知名度は相当低いです。

取り扱っている保険商品

日立キャピタル損害保険の主力商品は長期就業不能所得補償保険「リビングエール」です。これは、就業不能となった場合に、給与の代わりとして保険金が支払われるというものです。保険期間は5年ごとの更新となりますが、最長60歳まで保障してくれます。怪我や病気で入院した場合には、有給休暇の消化や傷病手当で短期的な収入は補填できます。リビングエールの特色は、支払対象外期間を60日設けているという点です。保険支払いを61日目からとしたことで、割安な保険料で、長期の所得補償を可能としています。

リビングエールは、傷病手当などが終了した後の収入の減少のことを考えた所得補償保険と言えます。若い時期は将来にわたって不確定要素が多いですので、貯蓄ができる間だけ加入するなど、期間を区切って検討するのも良いでしょう。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ