その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

日本興亜損保を調べました

日本興亜損害保険の成り立ち

日本興亜損害保険は東京都千代田区に本社を構える日本の損害保険会社です。2010年4月に損害保険ジャパンとともに経営統合し、NKSJホールディングスの傘下となっています。そもそも日本興亜損害保険は2001年4月に日本火災海上保険興亜火災海上保険が合併して発足した損害保険会社です。翌2002年4月には太陽火災海上保険と合併しています。特定の金融グループには属してはいませんが、三菱グループ系との結びつきが強くなっています。2014年上半期を目処に損害保険ジャパン日本興亜株式会社となることが予定されています。

ソルベンシー・マージン比率について

平成23年度におけるソルベンシー・マージン比率は、単体で470.8%となっています。日本興亜損害保険が属するNKSJグループの保険料収入は東京海上ホールディングス、MS&ADインシュアランスグループホールディングスと共に日本の大手損保3社の一角に数えられています。

日本興亜損害保険の販売網は代理店、営業拠点の他に金融機関窓口もあります。代理店数は2012年3月31日時点で26,904点となっています。また、子会社のそんぽ24損害保険において、通信販売用綜合自動車保険「そんぽ24自動車保険」の取扱をしています。

取り扱っている保険商品

日本興亜損害保険では、個人向けに車の保険、住まいの保険、人の保険を一通り扱っています。また、法人に対しては賠償責任保険など事業活動上発生しうるリスクに対応しています。商品全体の特徴としてパッケージ型の商品が多いということが挙げられます。他社ではリスク細分型になっていたり、特約を細かくつけることができたりしますが、日本興亜損害保険では、基本保障を手厚くしています。自動車保険においては、そんぽ24においてシンプルな保険商品を取り扱っているので、子会社と差別化するためにも、基本保障を手厚くせざるをえないという状況が垣間見えます。

保険料の安さを求めるのであれば、日本興亜損害保険は劣勢に立たされていると言えます。良質なサービスまで含めた検討をする場合には、日本興亜損害保険を候補に入れても良いでしょう。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ