その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

東京海上日動を調べました

東京海上日動火災保険の成り立ち

東京海上日動火災保険は東京都千代田区に本社を置く日本の損害保険会社です。2004年に東京海上火災保険日動火災海上保険が合併して発足しました。東京海上火災保険日動火災海上保険はどちらもミレアホールディングスに属し、三菱グループの一員です。

ソルベンシー・マージン比率について

ソルベンシー・マージン比率は平成23年度において、629.7%となっています。販売網は独自に展開する営業店と、代理店販売が主力となっています。東京海上日動火災保険は2009年まで保険料収入で長いこと業界最大手となっていましたが、2010年以降、同業他社の経営統合や合併が相次いだことにより、業界3位になりました。首位転落はライバル企業の合算により起こったもので、東京日動火災保険の収益力が劣ったものではありません。

取り扱っている保険商品

東京海上日動火災保険は業界の雄であるだけに、一通りの損害保険を扱っています。また、業界を驚かせるような保険商品をしばしば発表しています。例えば、「ちょいのり保険」です。これは自動車保険を1日単位で加入できるというものです。保険料は1日500円からと格安です。友人や親の車を借りて運転をする人を想定した保険となっています。今までは、家族が運転する場合、車の持ち主が対象者を広げるような形で保険に入る必要がありましたが、ちょいのり保険を利用することで、車の持ち主も保険料を節約することができます。

また、損害保険と生命保険の垣根を超えた保険「超保険」も注目するべき保険商品と言えます。保険商品には自動車保険を始め、火災保険、生命保険、傷害保険など、いろいろありますが、今まではこれらの保険商品をバラバラに加入することが当たり前でした。超保険では、これらの保険を1つのパッケージとして販売しています。つまり、契約者のオーダーメイドで保険を作り、ダブっている部分を省くことによって、トータルの保険料を安くできる可能性があることが、契約者にとってメリットとなります。また、一般の地震保険では、50%までしか補償されませんが、超保険であれば、100%まで補償してくれる点が大きな魅力です。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ