その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

病気になったら、保険の加入内容をチェックしよう

給付金の内容

給付金が受け取れる対象になっているのに、請求し忘れることは意外と多いようです。

保険証券を見て、契約内容を確認しましょう。

入院、通院、手術の給付を受けとることができるほか、商品によって診断があった時点で一時金を受け取ることができます。

医療保険だけではなく、終身保険、定期保険、養老保険の特約も確認しましょう。

入院と通院の給付金が何日目から何日目まで支払われるかは、契約内容になって異なります。

3大疾病とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中です。疾病障害給付金は、身体障害が残った場合に受けとることができます。

詳しい契約内容は約款に記載してありますが、パンフレットを保存しておくと主な内容が分かるので役立ちます。

給付金の請求と保険料

保険の契約者は被保険者の病気について給付金を受け取ることができます。

契約者と被保険者が異なる場合、自分が被保険者であれば契約者に知らせましょう。

手続はまず保険会社に連絡し、必要書類を確認します。

一般的には保険会社に給付金請求書をもらい、病院から診断書を発行してもらいます。

給付金が一定金額以下など、給付内容によって、医療費の明細書が利用できる場合もあります。

保障の見直し

今回の病気をきっかけに今後の保障が足りないと感じたら、加入できる保険を探しましょう。

無選択型引受基準緩和型の保険に加入できる可能性があります。無選択型は健康告知書が不要で、引受基準緩和型では告知書の内容が少なくなっています。

告知書には入院、手術、診察、検査、治療、投薬について記入するので、過去5年以内の履歴を整理しておきましょう。

「入院」には正常分娩の入院は含まれません。「手術」には内視鏡、レーザー、カテーテル、日帰り手術も含まれます。

また、現在加入できない保険でも、治療を終えて一定期間を経過すると入れるようになることがあります。

ほとんどの引受基準緩和型保険に、先進医療特約をつけることできます。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ