その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

夫に先立たれたら、自分の保険を見直そう

医療保障

ご主人がお亡くなりになったら、他のご家族にとって今まで以上に奥さまの存在は大きくなり、ご家族のためにも健康で長生きしたいものです。

健康で長生きできるように、医療保障を充実させましょう。

医療保障に限らず、生命保険の契約者は生活に関わるサービスを受けることができます。

会社ごとに様々で、一部は無料で利用できます。専門家に電話で健康相談ができ、医療機関や介護サービスを紹介してもらえます。

また、旅行や修理など暮らしのサービスを紹介してもらえます。これらを利用するときは証券番号が必要なので、電話をかける前に用意しておきましょう。

死亡保障

お子さまのために、死亡保障を考えることになります。現在保険に加入している保険の受取人がご主人であれば、お子さまに変更しておきます。

保険金が支払われるときに受取人が亡くなった方になっていると、受取人の相続人に保険金を受け取る権利があります。

そのため、相続人であることを証明する書類が必要になるなど、受取人が保険金を受け取るほうが手続はスムーズです。

お子さまが生活していくために必要な金額は、お子さまの年齢によってかなり異なってきます。

お子さまが小さい場合大きな金額が必要になり、お子さまの年齢が大きいほど総額は小さくなります。

ご主人が国民年金の第1号被保険者で25年以上保険料を納め、10年以上婚姻が継続していれば、原則として奥さまは65歳になるまで年金を受け取ることができます。

またご主人が老齢厚生年金の資格期間を満たしていれば、原則として奥様は遺族厚生年金の対象者になります。

このようにお子様の年齢、貯蓄、寡婦年金の有無などを考えに入れて、保険を見直します。

資産承継

ご主人から相続したときには配偶者者控除がありましたが、お子さまにはそれがないため、相続税がかかるケースもあります。

お子さまに相続税がかかりそうな場合、お子さまに資産を引き継ぐために保険が利用できないかを考えてみましょう。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ