その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

子どもの独立を機に保険を見直そう

生活資金

子どもが全員独立したら、夫婦の生活設計をし、老後の生活に備えましょう。

年金受給開始前に収入が少なくなると、生活に困ってしまいます。

そこで、まず年金の需給開始年齢までの生活資金について考えます。

たとえば、個人年金保険の年金を受け取れるようにしておくとか、定期保険で死亡保障を準備しておくという方法があります。

老齢基礎年金は原則として65歳から支給されますが、受給年齢を繰下げ又は繰上げる制度があります。

繰り上げると請求をした時点に応じて年金額が減額され、生涯その減額率で計算された年金額になります。

65歳になると、65歳から年金を受給し始めた場合と同じ年金額になるわけではありません。

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

個人年金保険

個人年金保険は、将来の年金を自分で準備する保険です。

健康状態に不安があっても加入しやすくなっています。

支払い方法には、年払い・月払いと一時払いがあります。

一時払個人年金保険の資産形成効果は、他の種類の保険と比べると、被保険者の年齢による差が少ないようです。

もっとも、一時払いの個人年金保険、養老保険、終身保険のうちどの資産形成効果が最も大きいかというのは、商品や加入時期で異なります。

死亡保険金と相続

遺産は原則として相続人の共有財産ですが、保険金は受取人固有の財産です。

遺産は原則として遺産分割や名義変更などの手続をしなければ相続人固有のものにはならず、使うことができないため、ご家族がすぐに使うことができません。

しかし、死亡保険金が保険会社から支払われれば、受取人はすぐに使うことができます。

契約者と被保険者が同じ保険の死亡保険金は相続税の対象になりますが、ご夫婦間の相続では、相続税の配偶者控除があります。

医療保障と介護保障

医療にかかることが増える時期です。医療費が家計の負担にならないように、医療保障の見直しをしておきます。

もし持病があっても、加入できる医療保険は増えています。

また介護保険などで要介護になったときに備えておきます。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ