その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

妊娠したら子どものために死亡保障を見直そう

子どもが成人するまでにかかるお金

厚生労働省の「平成22年度子どもの学習費調査」によると、子どもの学習費は下の表のようになっています。

育児、生活、大学の費用なども含めると、子どもが成人するまでにかかるお金はこれ以上になります。

0~3歳の育児にかかる平均的な費用は、1ヶ月あたり4万円強といわれています。実際にかかる費用は、保育園を利用するか、またそれが公立と私立のどちらなのかによって開きがあります。

                  学校種別子どもの学習費総額  (単位:万円)

幼稚園 小学校 中学校 全日制高等学校 合計
公立 23.2 30.4 46.0 39.3 138.9
私立 53.8 146.5 127.9 92.3 420.5

学習費はいつが一番多いの?

上記調査を学年別にみると、公立で最も多いのは中学校3年生で527,036円、私立で最も多いのは小学校1年生で1,089,221円です。

妻の医療保険

妊娠前から加入している保険に医療保障がついているかを確かめましょう。妊娠前から加入しているのであれば、妊娠・出産に伴う異常で入院・手術をすることになったとき、給付金の支払対象になります。

健康保険の対象外である通常の妊娠・分娩は給付金の対象ではありませんが、健康保険の対象になる妊娠・分娩は給付金の対象になります。

妊娠中に加入した保険については、一定期間は子宮について部位不担保特約がつきますが、次の妊娠・出産時に健康保険の対象になる入院・手術をすると、給付金の支払対象になります。

また、部位不担保の期間中でも、子宮以外の入院・手術については給付金を受け取ることができます。

いつ医療保険に入るか

もし出産時に帝王切開になると、告知事項のなかの入院・手術に該当し、5年間は多くの多くの医療保険に加入できなくなります。

厚生労働省の「平成22年度我が国の保険統計」によると、平成20年9月中の帝王切開分娩術の割合は、18.42%に上っています。

そのため、出産後の生活に備えて、医療保険に加入するのもよいと思います。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ