その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

出産したら総合的に保険を見直そう

学資保険

学資保険に加入すると、積み立てながら契約者に万一のことがあったときの保障を準備できます。

お子さまが高校生又は大学生の頃に、満期保険を受け取ることができます。

契約者に万一のことがあったときは、保険料の払い込みが免除になるという仕組みです。

死亡保障

お子さまの数によって、子どもが成人するまでの間に必要な養育費がかなり異なってきます。今後の出産も視野に入れて保障を考えます。

既に保険に入っているけれど、お子さまが成人するまでの間だけ死亡保障を増やしたいという場合、定期保険に加入すると、その間だけ死亡保障を増額することができます。

死亡保険金は原則として一括で支払われますが、500万円に法定相続人の人数をかけた金額が相続税の非課税金額になります。

相続税の対象になるのは、契約者と被保険者が同じ場合です。

また、収入保障保険は、毎月一定の年金を受け取ることができる保険です。

年金受取総額は保険期間が経過するにつれて減っていきます。保険期間が経過するほど、年金受取回数が少なくなるという仕組みです。

医療保障

出産後は、医療保険不担保特約を付加せず入ることができます。

現在定期医療保険に加入している場合は、その契約を更新するかどうかを考えておきましょう。

定期医療保険では、更新後の保険料は更新時に決まり、現在と同じではありません。同じ保障内容であれば、現在より保険料が上がることになります。

実際の保険料は更新時にならなければ分かりませんが、更新後の保険料を見て戸惑うようなことがないように、予めおよその額を調べておきます。

また、現在の保障内容を見直すのによい時期です。

入院、手術給付金、生活習慣病、がん、女性疾病など、欲しい保障があるかを確認し、保障内容を変えるとすると保険料がどうなるかを試算してみましょう。

女性疾病とは、妊娠中毒症、子宮外妊娠、流産、乳がん、乳腺症、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣がんなどで、商品ごとに異なっています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ