その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

妻に先立たれたら、自分の保険を見直そう

医療保障

お子さまを扶養しているのであれば、お子さまが独立するまで生活を支えてあげられるように、ますます健康には気をつけたいものです。

生活習慣病などかかる可能性が大きい病気に対する保障を充実させるなど、医療保障を見直しましょう。

医療保障は会社の団体割引を利用して加入することもできます。自分で加入するより選択肢は少ないですが、保険料は割安です。

また、医療保障として必要な金額は、会社の福利厚生制度とも関係があります。

たとえば、福利厚生の一環として、会社が医療費の一部を負担することがあります。

生活設計

保険は資産運用にも活用できます。家計を見直し、ライフプランニングにより生活設計しましょう。

年金法が改正され、平成26年4月から父子家庭にも国民年金の遺族基礎年金が支給されることになりました。

それ以前に奥さまが亡くなったケースは支給対象になりません。遺族基礎年金は、支給要件を満たす被保険者が亡くなったときに支払われます。
 

死亡保障

お子さまが小さいほど、独立までにたくさんのお金が必要になります。

万一に備え、終身保険や収入補償保険でお子さまの生活資金を準備してあげましょう。

ご家族が保険に入っていることを知らないと保険金請求手続が遅れるので、お子さまが理解できる年齢であれば、そのことを教えてあげましょう。

終身保険と収入保障保険の被保険者はお父さまですが、学資保険の被保険者はお子さまです。

お父さまが被保険者になることができない場合でも、学資保険を契約することができます。

学資保険の契約者が亡くなったとき、保険料の払い込みは不要になりますが、お子さまが契約者になります。

なお、収入保障保険と所得補償保険は全く異なるもので、所得補償保険は損害保険会社が販売しています。

資産承継

お子さまがいる場合、法定相続人はお子さまのみになります。今後基礎控除が縮小される見込みです。

もし相続税がかかりそうであれば、資産承継に保険を利用できないかを検討します。

改正後の基礎控除=3000万円+600万円×法定相続人の数

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ