その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

保険会社の営業員と会う

保険会社の営業員に保険相談する場合はどのような注意点があるでしょうか?
保険会社の営業員は、一般的に会社で厳しい社員教育を受けています。
その分、保険代理店ほどの高いノルマ達成率はありません。
その為、自社の保険しか提案しないものの、自社の保険の中から最適なプランを提供してくれます。

反対に保険代理店は、保険会社の下請けですから、保険会社から課せられた指定の保険商品販売に対するノルマがあるので、顧客側に有利な提案ではなく、ノルマのかかっている保険商品を提案し契約することがあります。
利用する側としては、資格を持ったアドバイザーからの提案なので、鵜呑みにしてしまいがちです。
多数の保険会社と取引している保険代理店は、それだけ多くの保険会社からのノルマがありますので、それを売らなくてはなりません。
利用客にたくさんの保険会社のプランを提供できる分、保険会社からのノルマも増えているわけです。

では、この保険代理店に保険商品を卸している生命保険会社のシステムはどのようなものでしょう?
生命保険会社は利用客の支払った保険料に応じて怪我、病気による入院や死亡に対して、保険金を支払います。
この利用者が支払った保険料は、保険金の支払いに使われる純保険料と、会社の運営、資金運用の為に使われる付加保険料に分けられます。

したがって、同じ保険料でも予定利率の違いが出てきますので、保険会社を選ぶ際にはそのことも確認するが必要です。
定期付終身保険主力商品にしている保険会社や、特約付きのわかりにくい保険プランの多い保険会社、保険契約の見直しを高い頻度で勧める保険会社などには注意が必要です。
自社の保険を自社の別のプランに乗り換えさせることによって、会社の利益を上げる為だからです。
新たな保険に支払う保険料が安くなったとしても、後々利用者にとって不利な条件の保証条件である場合もあります。

保険会社直営の営業員であっても、保険代理店のアドバイザーであっても、どちらも一長一短というところがありますので、保険外交員、ファイナンシャルプランナーに相談する際には 、すべてお任せというスタンスではなく、自分もある程度の知識を持って相談にのぞむことが賢明な方法だと思います。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ